育児、子育てママ応援サイト!メイキーズメディア

何処に出来るか分からない!?妊娠線の予防と対策

489 fan!

girl_lying_grass_pregnancy_stomach_smiling_happiness_55127_1280x1024
幸せいっぱいのマタニティライフ。

でも、妊娠による体型の変化で妊娠線が出来てしまったらどうしよう?

そんな不安をお持ちの方も多いと思います。妊娠線の予防には、早めのケアが必要不可欠です。

後々後悔することのないように、しっかり対策をしておきましょう。

妊娠線ができる理由


妊娠線は、正式な名前を線状皮膚萎縮症といいます。

妊娠すると、大抵の女性は妊娠前よりも体型がふっくらとします。

特に腹部は、妊娠週数が進むにつれてどんどん大きくなり、臨月には「まるで風船のよう」などと言われるほど膨らみます。

人間の皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層から成り立っています。

表皮はある程度の伸縮性を持ちますが、真皮と皮下組織は表皮ほど伸びることができないため、急速な体型の変化によって弾性繊維に亀裂が生じ、亀裂の下にある毛細血管が透けて見えることによって妊娠線が生じると考えられています。

妊娠線が出来やすい場所は?


妊娠線は、皮下脂肪がつきやすい場所に出来やすい傾向があります。

よく『妊娠線はお腹にしか出来ない』と思っている人がいますが、それは間違いです。

たしかに腹部は最も妊娠線が出来やすい場所の1つですが、それ以外にも、二の腕・乳房・臀部・太もも・ふくらはぎなど、さまざまな場所に妊娠線は生じます。

せっかく腹部を念入りにケアしていても、それ以外の部分に妊娠線が出来てしまったら悲しいですよね。

そのようなことにならないためにも、妊娠線が出来る可能性のある場所は、すべて満遍なくケアをしておく必要があるのです。

妊娠線はすべての妊婦に出来る?


妊娠をすると体型に変化が現れるのは、どの妊婦さんでも同じです。臨月になってもまったくお腹が出ていない妊婦さん、などというものは存在しません。

しかし、妊娠線はすべての妊婦さんに出来るわけではありません。

出産までに妊娠線が出来るのは約7割の妊婦さんで、残りの3割は妊娠線が出来ないまま出産を迎えるというデータもあります。

多胎妊娠の妊婦さんや小柄な妊婦さん、お腹が大きくなりやすい妊婦さんは妊娠線が出来やすいという説の他、肌が乾燥している人は皮膚の伸縮性が悪く結果として妊娠線も生じやすくなるとも言われています。

妊娠線を予防するには?


妊娠線は一度出来てしまうと、産後に多少色が薄くなることはあっても、完全に消し去るのは難しいといわれています。そのため、『妊娠線を作らないこと』がとても重要になります。

では、妊娠線の予防はいつから始めれば良いのでしょう。一般的に、妊娠線が出来やすい時期は体型が大きく変化する妊娠8ヵ月目頃といわれていますが、皮膚の乾燥の度合いや伸縮性などの個人差もあるため、一概に言い切ることはできません。

そのため、確実に妊娠線を予防したいのであれば、妊娠初期の頃からクリームやオイルなどでこまめにケアをしておく必要があります。

ドラッグストアのマタニティコーナーなどに行くと、妊娠線予防のためのクリームやオイルがいろいろ市販されていますので、自分の肌に合いそうなものを選んで試してみていただければと思います。

口コミサイトなどをチェックして、先輩ママたちから人気の高い商品や、おすすめの商品を探してみるのも良いでしょう。

また、ニベアやワセリンを妊娠線予防クリームやオイルの代わりに使っている人も多いようです。

とくにワセリンは保湿力が高いので、妊娠線の予防にはうってつけの成分といえます。


体型に変化が現れる前の妊娠初期から、妊娠線の出来やすいポイントをきちんとケアをしておけば、後々妊娠線に泣かされるリスクを大幅に下げることができます。ぜひ自分に合う方法を見つけて、早め早めに実践してみてくださいね。

↑いいねすると、メイキーズのお得情報が届きます!