育児、子育てママ応援サイト!メイキーズメディア

若々しさと、女性らしさを取り戻すための白髪の予防と対処法

547 fan!

正しい知識で白髪と向き合う

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-3 引用元:http://4healthcare.jp

ある日、鏡を見た時にふと気づく『白髪』。
切っても切っても次から次へと生えてくる白髪に、うんざりしている女性も多いかと思います。
白髪があるだけでなんだか一気に老け込んだ印象に見えてしまうものですよね。
そんな厄介者の白髪の予防と対処法を詳しくご紹介していきましょう。

どうして白髪になるの?白髪が出来る原因とは

黒々としていた髪の毛が、ある日を境にどうして白髪になってしまうのでしょうか。
白髪が出来る主な原因は以下のようなものです。

・『色素幹細胞』の枯渇
2009年6月、東京医科歯科大学の研究グループは、色素幹細胞が枯渇することで色素を生成する細胞がなくなり、その結果、白髪出来るという研究結果を発表しました。
すべての細胞のもととなる“幹細胞”は、自己複製能力と多分化能力を持ち合わせています。
そして、私たちの髪は、色素幹細胞から分化した色素細胞(メラニン細胞)によって色彩を保っています。
しかし、大元となる色素幹細胞が枯渇してしまうと色素細胞が作られなくなり、髪の色が保てずに白髪になる、と考えられています。
紫外線や加齢によって色素幹細胞のDNAがダメージを受けると、自己複製能力が失われ、すべての細胞は色素細胞に分化してしまいます。その結果、色素幹細胞の数が減少し、最終的には枯渇してしまうのです。

・ストレスで白髪が増える!?
『ストレスで一晩の内にすべての髪が白髪になった』という都市伝説のような話を耳にしたことのある人も多いかと思います。それは大げさですが、ストレスが白髪の増加を促進させるのは確かなことのようです。
特に、夜更かしは髪にダメージを与えることが知られています。私たちの体は、交感神経と副交感神経の2つからなる『自律神経』によってコントロールされています。その内、夜間に働く副交感神経には、傷ついた細胞を修復・再生する機能があります。
夜更かしやストレスで副交感神経が十分に働かなくなると、色素細胞の機能が衰え、白髪が増えてしまう可能性があります。

上記以外にも、ホルモンバランスの崩れやコーヒーの過剰摂取、食生活の乱れなど、様々な原因が存在すると考えられています。

今日からできる白髪の予防と対処法

33 引用元:http://www.lazada.com.my/

・紫外線から頭皮を守る
紫外線は色素幹細胞のDNAを傷つけ、自己複製能力を劣化させます。
外出する時は帽子をかぶる、日傘をさすなど、紫外線から頭皮を守る努力をすることは、白髪予防に効果的とされています。特に、紫外線が強い春や夏は、都度対策が必要です。

・規則正しい生活を心がける
ストレスを溜め込まない、早寝早起きを心がける、バランスのとれた食事をするなど、規則正しい生活を送ることは白髪の予防だけでなく健康の増進にも効果があります。
すべてを一気に実行するのは難しくても、実践できることから少しずつ日常生活に取り入れてみましょう。

・サプリメントを摂取する
色素細胞を活性化させるヨードや、メラニン色素の原料の1つでもあるチロシン、そしてチロシナーゼの合成に必要不可欠な銅などの含まれたサプリメントを摂取するのも、白髪予防には効果的な手段です。
体の内側から“白髪になりにくい環境作り”を目指すことができます。ドラッグストアなどでは、様々な種類のサプリメントが販売されていますので、目的に合うものを探してみてはいかがでしょうか。

・白髪染めの使い過ぎにはご用心
市販の白髪染めは、手軽に白髪を隠すのには便利な存在ですが、用法・用量を超えて使用すると、頭皮が炎症を起こしたり、髪が傷んでしまったりするリスクがあります。
そのようなトラブルを引き起こさないためにも、使い過ぎには注意が必要です。

↑いいねすると、メイキーズのお得情報が届きます!