育児、子育てママ応援サイト!メイキーズメディア

赤ちゃんのあせも対策、おすすめのケア方法まとめ

1311 fan!

赤ちゃんのあせも対策、おすすめのケア方法まとめ

ブツブツ!汗っかき赤ちゃんのあせも対策とは?

赤ちゃんのあせもや湿疹、かぶれはお母さんの悩みのひとつでもありますよね。

ぷくぷく時期は、特にお肉とお肉の間のあせもが気になります。赤ちゃんの肌はデリケートなので、生活の中でお母さんが上手にケアしてあげましょう。

あせもの原因

あせもは、かいた汗や汗についた汚れなどによって、汗の出口を塞がれて炎症がおこったものをいいます。かゆみを伴う赤いあせも、かゆみを伴わない白いあせもがありますが、どちらも原因は同じです。

赤ちゃんは大人より体温が高く、大人の二倍の汗をかきますので服の中は高温多湿の状態です。例えば、汗をかいたままにしていたり、汗を吸収しにくい肌着を着ていたりするとあせもができやすくなるようです。

子どもは身体が小さいので、皮膚の面積も小さいです。でも、毛穴や皮脂分泌腺は大人と同じだけあるのだそうです。皮膚の面積に対して、汗がたくさん出すぎるので処理しきれなくなってしまうんですね。

あせもはできやすいもので、ケアせずに放っておくと悪化します。
かゆくて掻きむしったりすると、症状がひどくなってしまうので要注意です。

あせもができやすいところ

・額
・首
・肘の内側
・二の腕
・おなか
・膝の裏側

あせも対策

あせも対策

常に清潔にしておくのが一番です。

汗をかいたら、乾いた服にこまめに着替えさせましょう。汗をかいた服をずっと着せておくのは、あせもが悪化する原因になります。風通しのいい、薄手の素材の服が赤ちゃんにとっても快適でいいですね。

それから、シャワーやお風呂で汗を流しましょう。

毎日何回でもいいと思います。汗を肌に残さないことが肝心なのです。シャワー後に身体を拭いてあげたら、必要に応じて、ベビーローションやベビーパウダーなど赤ちゃんに合ったものを使ってあげるのもいいですね。

就寝中のあせも対策

赤ちゃんがたくさん汗をかいていたとしても、寝ている時に着替えさせるのは、お母さんにとっても大変な作業ですよね。そんな時は、寝る時に赤ちゃんの肌と服の間にタオルなどを挟んでみましょう。

服だけの時よりも汗の吸収率があがってあせもができにくくなるそうです。汗取りパットというものも市販されているようですが、大判サイズのガーゼでも代用が可能かもしれません。

冬のあせも対策

なかには、冬なのにあせもができる赤ちゃんもいますね。

それは、赤ちゃんが暑いと感じているからです。冬だからといって、赤ちゃんに多めに服を着せてしまいがちですが、赤ちゃんの着衣は大人より一枚少なくが基本です。

室温や衣類、布団などを上手に調整してあげましょう。

おわりに

毎日子育てお疲れ様です。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、ちょこちょこトラブルに悩まされているお母さんも多いのではないでしょうか?

あせもは一時的なもので、ちゃんとケアしてあげれば自然と治るものなので、あまり神経質にならなくてもいいと思います。まずは、赤ちゃんが汗をかいてもできるだけ清潔にしてあげるのが大切ですね。

↑いいねすると、メイキーズのお得情報が届きます!