育児、子育てママ応援サイト!メイキーズメディア

赤ちゃんの衣類洗剤を選ぶ時に注意すること

393 fan!

大人の服と一緒に洗濯しては危険?赤ちゃんの衣類の洗い方とは?

3

生まれたての赤ちゃんの肌は、とてもデリケートで繊細。
すべすべぷにょぷにょの可愛らしい肌を守ってあげたい……。
だからこそ、衣類を洗う洗剤にもこだわりたいですよね。
肌に優しいおすすめの洗剤や、洗濯する際の注意点などをご紹介したいと思います。

赤ちゃんまわりの汚れ物って?

一番汚れるのはスタイ!
赤ちゃんの身のまわりのもので、一番汚れがひどいのはスタイです。
よだれや母乳・ミルクの吐き戻し、食事の汚れなどで、スタイはすぐに汚れてしまいます。
一日の間に二度、三度と取り換えることも珍しくありません。
スタイにつく汚れの主な成分はタンパク質や脂質です。そのため、汚れが残っていると、すぐにカビが生えたり、嫌な匂いがしてきたりします。
スタイは、赤ちゃんがしゃぶったり、口まわりに触れたりすることも多いので、「汚れがしっかり落ち、かつ安全な成分で出来ている洗剤」で洗濯をする必要があります。
肌着や洋服の着替えも多い
スタイほどではありませんが、肌着や洋服も良く汚れるため、一日に何度も着替えが必要になることも多いです。
主な汚れの原因はスタイ同様、よだれ・母乳やミルク・食べこぼしなどですが、それ以外に、うんちやおしっこを漏らしてしまったり、水たまりにダイブして泥だらけになったり……なんてケースも少なくありません。
特に、うんちや泥で汚れてしまった場合はなかなか汚れが落ちないため、スタイの項でも述べたように、安全かつ洗浄力のしっかりした洗剤を選ぶことが重要です。
他にも、シーツや布団カバー、タオル、ガーゼ、おもちゃなど、赤ちゃんとの生活には大量の汚れ物がつきものです。日々のストレスを減らすためにも、信頼できる衣類洗剤を見つけることが大切です。

赤ちゃんの洗濯物 いつまで別々に分けるの?

洗濯物を分けた方が良い理由
新生児期の赤ちゃんの衣類を洗う場合は、大人用の衣類と分けて洗濯をした方が良いとされています。
特に、買ったばかりの大人用衣類を洗う際は、多少面倒に思っても、赤ちゃんの衣類とは分けて洗った方が安全でしょう。
というのも、大人用の衣類には、加工の際に使われる「ホルムアルデヒド」が付着している可能性があるからです。
ホルムアルデヒドには水に溶けやすい性質があり、一緒に洗濯をすると、赤ちゃん用の衣類にも付着する恐れがあります。
デリケートな赤ちゃんの肌にホルムアルデヒドが触れると、肌の炎症や湿疹の原因になるケースがあるため注意が必要です。

分ける時期はいつまで?

「いつまで分けるべき」という明確な決まりはありませんが、生後1か月を過ぎる頃までは、念のため別々に洗濯すると安心です。
また、前述したように、大人用の衣類にはホルムアルデヒドが付着している可能性があるため、新品の衣類を洗う際は、1歳頃までは気をつけるようにしましょう。

赤ちゃんにおすすめの洗剤とは?

さらさ
2 蛍光剤・漂白剤・着色料無添加の、家族みんなに優しい洗剤です。
それだけでなく、つけおき不要・すすぎ1回でしっかり汚れが落ちる優れもの。
安全なものを使いたい、だけど時間はかけたくない……そんな、忙しいママの願いに応えてくれる製品として人気を集めています。
皮膚科医監修の肌テスト済みなので、生まれてすぐの赤ちゃんにも安心して使うことができます。

arau
1 植物原料100%の、無添加にこだわった洗剤です。天然ハーブのオイルやエキスが加えられており、敏感肌の赤ちゃんにも優しい仕上がりとなっています。
普通の洗濯用せっけんの他に、ローズゼラニウムやイランイラン、ライム、ラベンダーのエキスを加えた「ゼラニウム」や、せっけんのすすぎ残しを防ぐ「リンス仕上げ」などのラインナップも取り揃っています。

↑いいねすると、メイキーズのお得情報が届きます!