育児、子育てママ応援サイト!メイキーズメディア

赤ちゃんの為の優しい肌着選びのポイントまとめ

825 fan!

赤ちゃんのデリケートな肌を守るのはどんな肌着?

赤ちゃんの為の優しい肌着選びのポイントまとめ

赤ちゃんがこの世に生まれて、初めて袖を通すのが肌着ですね。肌着姿の小さな赤ちゃんの姿は本当にかわいく、ずっと眺めていたくなります。

今回は、そのデリケートな肌を優しく守ってくれる肌着のポイントをまとめてみました。

素材は何がいいの?

赤ちゃんの肌着の素材としては、吸収力もよく通気性にも優れている綿100%のものを選ぶとよいでしょう。生地の種類としては、

≪オールシーズン使える≫

・フライス…伸縮性が高いので体にフィットし、汗をよく吸ってくれる
・パイル…タオル生地。厚手なので保温性に優れている。
≪春夏用≫

・ガーゼ…吸収力、通気性に優れたやわらかい生地。
・天竺…薄手でさらっとした手触りで涼しい。
≪秋冬用≫

・スムース…厚手でしっかりしており、保温性が高い。

などがあります。

誕生の季節に合ったもの、また縫い目が赤ちゃんの肌に当たらないよう、外側に出ているものを選びましょう。

肌着の種類

肌着には、腰までの短肌着、つま先まで隠れる長肌着、太ももまであり、すそが分かれて片足ずつスナップで止められるようになっているコンビ肌着があります。コンビ肌着は足を動かしやすくめくれ上がらないので、バタバタ動かし始める生後1ヶ月くらいから使います。

多くの場合、短肌着の上に長肌着やコンビ肌着を赤ちゃんの状態に合わせて重ねます。寒い時期にはこれらを合わせて調節しますが、足を活発に動かし、肌着がめくれ上がるようになってきたら長肌着はやめて、上にロンパースなどのアウターを重ねてあげましょう。

何枚くらい必要?

赤ちゃんの為の優しい肌着選びのポイントまとめ

誕生の季節により多少変わりますが、だいたいの目安として、

・短肌着5~6枚ほど
・長肌着1枚ほど
・コンビ肌着4~6枚ほど

を用意しておけばよいでしょう。

汗をかいたらこまめに代えてあげたいので、夏場はようすをみて足りないようであれば増やしてくださいね。 長肌着は足を動かさない短い間だけ着られるものですし、コンビ肌着で代用することもできるので少なくても大丈夫です。

サイズについて

・50センチ生まれてすぐ
・60センチ生後3ヶ月ごろ
・70センチ生後6カ月ごろ

がだいたいの目安で、またメーカーによって同じサイズでも微妙に大きさが違う場合もありますが、赤ちゃんの成長は早いので50センチはすぐに着られなくなる場合が多いです。また、サイズが合っていても季節に合った素材でなくては快適に着られませんので、そのあたりにも気をつけながら選びましょう。

使う前には一度水通しを!

肌着は新陳代謝の活発な赤ちゃんの汗や皮脂汚れを吸い取り、肌を守ってくれるものです。その肌着がかぶれなど肌トラブルの原因になってしまってはいけませんね。新しい肌着にはのりなどがしてあるものがあり、それがかぶれの原因になったり、生地が固いままだと肌を傷つけてしまったりする場合がありますので、使う前には必ず一度「水通し」をしましょう。

そうすると生地もきれいになり、またしなやかに柔らかくなって肌に良くなじむようになり、吸湿性も増します。洗濯機にたっぷりの水を張り、軽く回すだけで大丈夫ですが、気になる方は何回か水を替えて回したり、無添加の洗濯石鹸などを使って洗ってもよいでしょう。

また、大人の衣服には加工のために薬品が使われているものが多いので、赤ちゃんのものと一緒に洗ったり、保管したりすることは避けたほうがよいでしょう。

おわりに

いつも子育てお疲れ様です。

赤ちゃんの肌着や服をそろえるのも、妊娠中からの大きな楽しみの一つですよね。準備をしながら生まれてくる赤ちゃんの姿を想像するのは幸せな時間です。

大きいお腹でいろいろと準備するのも大変とは思いますが、無理をしないように余裕をもって少しずつ進めていってくださいね。

↑いいねすると、メイキーズのお得情報が届きます!