育児、子育てママ応援サイト!メイキーズメディア

赤ちゃんが鼻づまりになった時の対処法

13538 fan!

苦しそうな鼻づまり…こんなときはどうしたらいいの?

苦しそうな鼻づまり…こんなときはどうしたらいいの?

赤ちゃんが鼻をつまらせて息も苦しそう。母乳やミルクもあまり飲もうとしない。こんなときはかわいそうで、少しでも楽に呼吸できるようにしてあげたいですね。

今回は鼻づまりの原因や対処法をまとめてみました。

赤ちゃんは鼻づまりになりやすい?

赤ちゃんはもともと鼻水が出たり、鼻がつまったりしやすいので、軽い症状であれば心配ありません。

その原因は、赤ちゃんの鼻腔が大人よりも小さい上に、粘膜が敏感で刺激に慣れておらず、ちょっとの刺激で鼻水が出やすくなっているからです。鼻腔が狭いため鼻水が出るとズーズーと音がして苦しそうで、窒息しないかと心配になりますが、ご機嫌であったり、よく眠ったりしているようであれば赤ちゃん自身はあまり苦しくはないようです。

1~2ヶ月のころはこのような鼻づまりの症状がよく見られますが、3ヶ月くらいからはだんだんと解消していきます。また、空気が乾燥していても鼻づまりが起きやすくなりますし、身近にタバコを吸う人がいるとひどくなったり長引いたりする傾向があるようです。

ほかには、鼻水や鼻くそが鼻の奥につまってしまって呼吸しづらいときもあるようです。こんな状態が疑われるときには、綿棒やこよりをつかって鼻の入り口をくすぐり、くしゃみをさせてあげましょう。すると、つまっていたものがとれて鼻がすっきりすることがあります。お風呂上りや泣いたあとなど、つまっているものが柔らかくなっているときが取れやすくなります。

診察を受けたほうがいい?

苦しそうな鼻づまり…こんなときはどうしたらいいの?

上記のような時期的な鼻づまりであれば、赤ちゃんが元気であれば診察の必要はありません。それ以外に、風邪を引いてしまったときには鼻粘膜が充血したり、むくんだりしてしまうので鼻がつまりやすくなってしまいます。

発熱がなく、機嫌もよくて食欲もある、というようなときには家で静かにしてようすを見ていて大丈夫でしょう。入浴も大丈夫です。お風呂の湿気で鼻づまりが楽になることもあります。

一方、診察してもらった方がよいのは、鼻水が黄色や緑色がかってきたときや、発熱があるとき、ミルクやおっぱいを飲めない、寝られないという状態のときなどです。

また、赤ちゃんは口呼吸ができないため、授乳中に顔色が悪くなる場合、寝ているときに呼吸が止まることがある場合には(10秒以下なら心配はいりません)早めに受診してください。

少しでも楽にしてあげるための対処法

  • 鼻づまりで苦しそうなときには、部屋の湿度を上げるために加湿器を使うとよいでしょう。湿度を上げると鼻づまりが解消しやすくなります。
  • 熱すぎないお湯につけて絞ったタオルを鼻に当ててあげるのもよい方法です(鼻の穴がふさがれないように注意してください)。また、起こしている方が寝ているよりもつまりにくいので、だっこしてあげるのもよいですね。
  • 鼻水が多く出て呼吸しづらそうなときには、吸ってあげるのが一番です。鼻吸い器の吸い方の注意点は、少しづつ何回かに分け、強く吸いすぎないようにすることです。
  • 鼻水をふき取る際にはは柔らかい布で軽く取ってあげて、ティッシュなど固めのものでこすらないようにします。鼻の下が刺激で赤くなってしまったら、保湿剤などをつけてあげましょう。
  • しぼったばかりの新鮮な母乳をスポイトなどで鼻に入れ、軽くもんであげると、鼻づまりが解消する場合もあるようです。母乳には炎症を抑えるなどの効果がありますので、解消できるのかも知れませんね。

おわりに

毎日子育てお疲れ様です。

つい何ヵ月か前まで、お母さんの子宮の羊水の中で守られてゆったり過ごしていた赤ちゃん。その安全な世界から出て呼吸をするようになったばかりですから、まだ鼻の粘膜が発達せず、刺激に弱いのも仕方がないことかもしれません。

小さな体で苦しそうにしているのは見るのもつらいことですが、鼻づまりは成長とともに解消していく症状の一つですので、あまり心配しすぎないようにしてくださいね。

↑いいねすると、メイキーズのお得情報が届きます!