育児、子育てママ応援サイト!メイキーズメディア

産前、産後の骨盤ベルトの上手な使い方まとめ

2024 fan!

骨盤ベルトはいつからつけられる?さまざまな疑問を解消

産前、産後の骨盤ベルトの上手な使い方まとめ

妊娠中の腰痛を防いだり、産後の骨盤を正しい位置に戻してくれるお役立ちマタニティグッズ、骨盤ベルト。でも、おなかに赤ちゃんがいるときいつからつけてよいのか、また正しい巻き方や注意点は?

今回は、骨盤ベルトについてのさまざまな疑問についてまとめてみました。

骨盤ベルトとは?

骨盤ベルトとは、骨盤の周りに巻いてゆがみやゆるみを防いだり、正しい位置に矯正することのできるベルトです。さまざまなタイプのものがありますで、その中から目的に応じたもの、自分に合うものを選ぶようにしましょう。

妊娠中から使えます

妊娠期間中はホルモンの影響により、骨盤がゆるんできますので、それにともない腰痛が出てくることがあります。

妊娠直後からの着用もかまいませんが、不安定な時期につけるのは不安という方、つけるとつらく感じる方は安定期に入る5ヶ月目くらいからつけてみるとよいでしょう。出産直前までつけていても大丈夫です。

ただ、難産傾向にある方は骨盤が少しでも開いていた方が出産が楽になると思われますので、妊娠中の着用は見送った方がよいかもしれません。それ以外の方であれば、骨盤ベルトを着用することにより子宮の位置や形が適正になりますので、赤ちゃんは楽になって動きが激しくなったり、逆子が直ったりする場合もあるようです。

効果的なつけ方、位置

効果的な正しい着用位置は、基本的に骨盤の下部になります。おなかには絶対に巻かないようにしてください。各メーカーによって装着の仕方も違いますので、説明書をしっかり確認しましょう。

つけていて疲れやしびれ、むくみなどが出てくる場合には、つける位置や締め方が間違っている場合がありますので正しくつけるようにしてください。

産後はいつから?

産前、産後の骨盤ベルトの上手な使い方まとめ

出産時、骨盤は最大限に開きます。出産後すぐから骨盤ベルトを着用してもかまいません。骨盤が自然に元に戻るまでに3~4ヶ月はかかりますので、3ヶ月くらいまでつけてみるとよいかもしれません。

帝王切開の場合でも出産に備えて骨盤はゆるんでいますので、着用してもよいのですが、傷に当たって痛むことがあるかもしれません。その場合には痛みがなくなってから着用するとよいでしょう。骨盤のゆがみやゆるみを正しい位置に戻すことで内臓の働きもよくなり、代謝が上がり、カロリーをより多く消費するようになるので、ダイエット効果もあるといわれています。

産後はダイエットを心がける人も多く、ウェストニッパーなどを使う場合がありますが、骨盤ベルトとの併用は避けましょう。まずは骨盤ベルトだけを使い、骨盤が元の位置に戻った後に使用するようにしてください。

ただ、近年は骨盤の位置を正しくすることだけではダイエット効果は望めないという声も医療関係者などから多く出てきており、やはり運動による筋肉量アップやカロリー消費が必要なようです。

家でできるストレッチや体操、ヨガなども続けることで筋肉量を増やし、血行をよくする効果がありますので、できる範囲で続ける意識を持つといいですね。もちろん、産後体が回復したのち時間のとれる方はウォーキングやランニングなどの全身運動をすれば、ストレス解消にもなります。

おわりに

毎日子育てお疲れ様です。

骨盤ベルトなどの体をサポートしてくれるグッズは、症状によっては効果もあり頼りになるものですが、それに依存しすぎず、自分の体の自然な変化の力や治癒力を信じ、自分自身の力で体をサポートしていこう、という考え方が最近の傾向でもあるようです。

つけていると安心できるとか、体が楽になるという場合は依存し過ぎない程度につけるとよいと思いますし、自分の力だけでは快適さを保つのが難しい場合にもこれらのグッズの力を借りるなど、うまく使っていきたいですね。

↑いいねすると、メイキーズのお得情報が届きます!