育児、子育てママ応援サイト!メイキーズメディア

赤ちゃんにエアコンが及ぼす影響はある?

3277 fan!

赤ちゃんにエアコンを使っても大丈夫?

赤ちゃんにエアコンが及ぼす影響はある?

あまりにも暑すぎる近ごろの夏。エアコンなしでは熱中症が恐いのでつけているけど、赤ちゃんに影響はないの?本当は使わないほうがいい?

赤ちゃんが健康に快適に過ごせるように、エアコンに関する必要な情報をまとめてみました。

こまめに確認しながら使う

エアコンを使うこと自体が赤ちゃんにとってはたしてよいのか迷ってしまいますが、つけっぱなしにせずこまめに温度や湿度を確認しながら使えば大丈夫です。

とくに夏場の熱中症や、冬場の低体温を防ぐためにも上手に使いましょう。

赤ちゃんにとって快適な温度と湿度

赤ちゃんは体の表面の面積が大人の3倍もあるといわれており、気温の影響を受けやすくなっています。また、体が小さいためにすぐに体が熱くなったり冷えたりしてしまうのです。そのため、大人が感じている快適さが赤ちゃんにも当てはまるとは限らないので、赤ちゃんのようすをよく見ながら温度や湿度を調節しましょう。

赤ちゃんにとって快適な室温は夏は26~28度、冬は20~23度で、外気温との差が5度以内くらいがよいとされています。湿度は40~60%くらいの間になるようにしておきましょう。

また、赤ちゃんが過ごす場所の温度が、大人が感じている温度と違っていないかチェックしましょう。同じ部屋の中でも高さや位置によって温度は違います。赤ちゃんのいるベビーベッドや床の温度は適温ですか?そして、エアコンでも扇風機やファンヒーターなどでも、赤ちゃんに直接風が当たらないように調節しましょう。

また、一日中つけっぱなしにするのはやめて、多少過ごしやすい時間帯にはエアコンは切って体温調節の練習もさせたほうがよいですね。

季節によっても気をつけてあげたいことは違ってきます。夏場と冬場の注意点を見てみましょう。

■夏場の注意点

赤ちゃんは大人の2倍以上も汗をかくといわれています。

汗が蒸発する際には熱を奪い体温を下げてくれますので、夏場の室温は少し高め、赤ちゃんが軽く汗をかくくらいでよいでしょう。肌着や服が濡れたら取り替えてあげましょう。

暑すぎるのはもちろん危険ですので、適温に調節してください。また、汗をかくと体の水分が失われてしまいますので、忘れずに補給してあげてくださいね。

また、湿度を下げるだけでも快適になる場合もありますので、まずは除湿をしてみるとそれだけでよくなるかもしれません。

■冬場の注意点

冬場はやはり乾燥に注意しましょう。40%以下にならないように、加湿器を使うなどして湿度を調えてください。そして、冬場は着せすぎや部屋の暖めすぎに注意が必要です。

赤ちゃんの体を温めすぎてしまうと熱がこもってしまい、その熱を下げるための体の働きが無呼吸を引き起こし、乳幼児突然死症候群の発症の原因になるといわれています。

赤ちゃんが眠っているときには暖房は切り、夜にはスリーパーや布団などをかげんして寒くないようにしてあげる方がよいようです。

エアコンを使う前には点検を

赤ちゃんにエアコンが及ぼす影響はある?

シーズンオフが過ぎてエアコンを使い始める前に、まずは赤ちゃんを別の部屋に移してしばらく送風しましょう。

もしこのときカビくさい匂いがしたら、クリーニングをしてから使ってください。そのまま使うとカビの胞子が部屋中に広がって、赤ちゃんが吸い込んでしまいます。

カビを生やさないためには、運転後2~3時間送風をして内部の湿気を乾燥させるとよいそうです。また、使わない時期にも1ヶ月に一度は送風しておくとカビを防げるということです。

おわりに

毎日子育てお疲れ様です。

最近は大人でも耐えられないような暑さになることもあるので、エアコンを上手に使って赤ちゃんが体調をくずさないようにしてあげたいですね。ついつけっぱなしにしてしまうことのないように気をつけましょう。

↑いいねすると、メイキーズのお得情報が届きます!