育児、子育てママ応援サイト!メイキーズメディア

お洒落な靴!足が痛い!そんな悩みをインソールで解決できるかも

676 fan!
feet_shoes_socks_66170_602x339

お洒落な靴!足が痛い!そんな悩みをインソールで解決できるかも

デザインが気に入って購入してみたものの、いざ履いてみたら足が痛くて歩けない……なんて、苦い経験をされたことのある方は多いと思います。かくいう私も、今までに何度もそんな失敗を繰り返してきました。
だけど、歩きやすいスニーカーばかりじゃつまらない。たまには可愛い靴も履きたい。そんなワガママな願いを叶えてくれるのが「インソール」です。インソールを上手く使えば、可愛くて歩きやすい靴を手に入れることができます。
おしゃれで楽な足元を実現するために、インソールの正しい使い方をマスターしておきましょう。


chanel_shoes_winter_collection_42755_602x339

インソールとは

インソールとは、靴の中に敷く中敷きのことです。足長と同じ程度の長さがあるフルインソールや、足長の2分の1程度の長さのハーフインソール、かかとから土踏まずまでの長さでつま先部分がない4分の3インソールなど、用途によってさまざまな種類があります。
インソールを入れると、足に合わない靴が原因で発生するトラブルを予防したり、進行を抑制することができるといわれています。また、クッションとして衝撃を和らげる・靴の中の嫌な匂いを消臭する・湿気を吸収して蒸れを防ぐなどの効果もあります。

shoes_style_beautiful_70259_602x339

足の骨格には、3つのアーチ構造があります。足に合わない靴を履き続けていると、徐々にこのアーチ構造が変形し、さまざまなトラブルを引き起こします。足は、私たち人間が立ったり歩いたりするための重要なパーツです。その重要なパーツにトラブルが発生すると、足元だけでなく、膝や腰、背中にまで悪影響を及ぼす危険があります。
インソールは足のアーチ構造をサポートし、必要以上の負荷がかかるのを防止してくれるため、長時間歩いても疲れないだけでなく、膝痛や腰痛、背中痛の予防や改善にも役立つのです。

redheads_shoes_window_sill_girl_model_63922_602x339

おすすめのインソール

インソールは、ヒールのある靴やスニーカーなど、靴の形状によって選ぶ種類が異なります。目的や用途に合わせて、それぞれに合うインソールを選ぶことが、「疲れない足元」を手に入れるための秘訣です。
ヒールのある靴に入れるインソールとして人気の商品の1つが、BALANCE工房の「バランスシートSTRE」です。

product_stre_ky
STRE1_2
引用元:BALANCE工房

ミス・ユニバース・ジャパン沖縄大会のウォーキングレッスン用として使われているインソールとしても有名で、つま先からかかとまでをしっかりサポートしてくれるジェル型のフルインソールです。
ヒールのある靴を履くとすぐに足が痛くなってしまうという方でも、このインソールを使えばそんな悩みとはサヨナラできます。ぜひ試してみてください。

スニーカーやウォーキングシューズ、ワーキングシューズに入れるインソールで人気なのが、ソフソールの「ジェルインソール」です。

フリーサイズのインソールのため、足のサイズが小さい人は自分でサイズ調整を行う必要があるのが難点といえば難点ですが、2か所の衝撃吸収素材を使い、硬質素材のアーチプレートを搭載しているとあって履き心地は抜群です。長い距離を歩く機会が多いスニーカーやウォーキングシューズだからこそ、インソールの性能にもこだわりたいですよね。

もちろん上記でご紹介した商品以外にも、おすすめのインソールはたくさんありますので、ショップなどで自分に合うインソールを探してみていただければと思います。

インソールの交換時期

インソールの交換時期は明確には決まっていませんが、長期間使用していると、衝撃吸収性が低下してきたり、形が崩れてきたりして、十分な効果を得られなくなってしまいます。手で押してみて「弾力が無くなってきたかも?」と感じたら、新しいものに交換すると良いでしょう。自分では判断がつかない場合は、シューフィッターのいるお店などを訪れて、専門のスタッフにアドバイスを求めてみてください。

↑いいねすると、メイキーズのお得情報が届きます!