育児、子育てママ応援サイト!メイキーズメディア

燻製料理を一番確実な方法で/燻製に適した食材まとめ

612 fan!
meat_sauce_food_86752_602x339

自宅で簡単燻製

自宅で簡単に燻製が作れたら楽しいですよね。なんだか難しそうなイメージのある燻製料理。でも、実はコツさえ掴んでしまえば、初心者でも気軽にチャレンジすることができるんです。次の週末にでもすぐに試せる『自宅で簡単燻製』の方法をご紹介したいと思います。

『燻製』とは?

レストランなどで『スモークサーモン』や『スモークチーズ』なるものを見かける機会も多いと思いますが、それらはすべてSMOKE=燻製という調理方法で加工された食べ物です。
燻製は、古くから塩漬けした肉や魚などに煙をかけることで長期保存を可能にした『保存食』として人々に親しまれてきました。しかし貯蔵技術の発達した現代では、保存目的というよりも、独特の風味や匂いを楽しむグルメとして愛されています。

燻製の煙にはカルボニル化合物やフェノール化合物などが含まれており、それらの物質が燻製特有の色や風味を醸し出し、また殺菌による長期保存を可能にしているのです。

燻製の作り方

燻製には、80度以上の高温で短時間にスモークする『熱燻』、50度~80度くらいの温度でスモークする『温燻』、25度以下の低温でスモークする『冷燻』の、大まかに分けて3種類があります。一般的には、自宅で手軽に行う燻製というと『温燻』を指し、ベーコンやソーセージ、ロースハムなどを作る際にもこの『温燻』が良く使われます。
また、燻製を作るためには煙の元となる燻製材が必要です。燻製材は『チップ』と『ウッド』に分類され、サクラやナラ、ブナ、リンゴなど、木材の種類によって風味の異なる燻製を楽しむことができます。

自宅で簡単燻製を楽しもう

初心者が自宅で燻製にチャレンジするのであれば、一番確実な方法は市販のキットを買うことですが、キットを買わずに燻製を作りたい! という場合は、深さのあるフライパンや中華鍋、段ボールなどを即席の燻製キットに仕立てることも可能です。
フライパンや中華鍋を使う場合は、鍋底にアルミホイルを敷いて、その上にスモークチップを乗せます。さらにその上に金網を載せ、肉や魚など、燻製の素材を金網の上に並べます。蓋をして弱火にかけ、10分ほどスモークすると簡単燻製の出来上がりです。
段ボールを使う場合は、家にある段ボールでスモーカーを自作することも可能ですが、安全面などを考えると、市販の燻製用段ボールを購入した方が良いでしょう。キットに比べるとかなり安価で、しかも繰り返し使えるため、燻製初心者にはとてもありがたいグッズです。
キットを買う場合は、魔法瓶などで有名なメーカー・サーモスの『サーモスイージースモーカー』や、IHでも使用できる『ツインスペシャルズスモーカーセット』などがおすすめです。これらのキットを使えば燻製中もほとんど煙が出ないため、マンションなどに住んでいる人でも気兼ねなく燻製を楽しむことができます。

燻製に適した食材

自宅で燻製をするなら、サーモンやチーズ以外にも色んな食材を試してみたいところです。でも、だからといってどんな食材も燻製すれば美味しく仕上がるというわけではありません。せっかく燻製したのに不味くて食べられなければもったいないですよね。そこで、燻製に適している食材の一部をご紹介したいと思います。

≪燻製に適した食材≫
【肉系】
ベーコン、ビーフジャーキー、ソーセージ、ロースハム
【魚系】
サーモン、シシャモ、あじ、さば、塩しゃけ、たらこ、明太子、牡蠣
【その他】
カマンベールチーズ、たくあん、卵、ナッツ




定番の食材から、ちょっと変わり種の食材まで、主なものを挙げてみました。これらの食材であれば、燻製初心者でも美味しい燻製が作れます。何度かチャレンジしてみて段々作業に慣れてきたら、上記以外の食材にもトライしてみると面白いかもしれません。



↑いいねすると、メイキーズのお得情報が届きます!